web counter

Call today for a free business marketing evaluation

(877) 215-0040

Web Design & Marketing Solutions with
Stunning Results

We're a Philadelphia Web Design Company, driven to bring
your business better results online. You get strategy, design,
development & marketing all in one place.

鈴村健一 4p 松たか子

鈴村健一 4p 松たか子

第1話 Beginning -起源- - そのスコープから見えるのは?(ろりこん大魔王) - カクヨム

まず、この理不尽な世の中に俺は「なんでやねん!」っとツッコミを入れたくなる。なぜなら、この目の前に広がる光景を見てもらいたい・・・あ、俺一人だった。厳密には一人と一機か。

などと一人でツッコミを入れていると突如として、聞きなれた機械音が反響し聞こえてくる。

グォングォングォーンピュイズーン

「相変わらず、うっさいなこいつら。」

また一人ツッコミを入れる、中肉中背の男性。いや、少し背は低いかもしれない。その中でも一番に目に入るのは、自身の身の丈ほどあるであろう対物ライフル・・・そして、サブマシンガンやハンドグレネードが所々にくくりつけられた大きなリュック。服装もどこか物々しさを彷彿とさせる黒い迷彩服。

そう、これがこの物語の主人公なのだ・・・残念。

「ちょ!待てwww何が残念やねん!お前も準備せんかい!」

そして、このうるさい男のサポート役をしている自立人型汎用支援アンドロイドが、私。機体ナンバーLGS型MK-0 通称ミケ。マスターの名前はケンゴ。よろしくねー。

「あかん・・・こいつ、いつもみたいにナレーションやっとるわ。」

X年前

その時はまだ2018年だったと思う。とある日本の研究機関が新たに動力源となる物質「スコルダインタイト」を発見したのが始まりだった。この物質の効果が、本当にとんでもない変化を起こさせた。それは、機械であった。今までは人工知能や自立している機械は開発されていなかった。プログラムされたことを人の声や、動きで反応して勝手に動いているようにするのが精一杯だった。だが、この物質のバカげた効果のせいで機械に生命が宿るようになってしまった。研究機関が、研究を進めるにつれて、義手や義足といったことを始め、バイオテクノロジーにまで応用できるという一部の研究者は大喜びであった。

その時の俺は、18歳で関西の漬物屋で働き始め仕事にも生活にも慣れてきた20歳の至って普通の男であった。そのニュースを聞いて、「自分には関係のない話やな」と世間が揺れに揺れている中いつものように面倒くさそうに仕事に明け暮れていた。それから2年経ち、「スコルダインタイト」の騒動も落ち着き、街中にはすっかりアンドロイドや、義体化の人々が目立つようになってきた。衰えた体には義体化、面倒な炊事家事洗濯はアンドロイドに、企業の細かな作業や危険な作業を機械に、などという広告がたくさん増えた。ネットでもアンドロイドのアイドルやロボットなどを自分で作り戦わせる、電脳ゲームなどの話題で毎日活気に溢れていた。そんな中俺は、畑仕事をしサバイバルゲームといった肉体労働、アウトドアな遊びを楽しんでいた。もちろん俺も電脳とまではいかないが、インドアなゲームもしていた。義体化や電脳化は一部の金持ちや有名な芸能人のような人たちしか実現できないほど高額な値段が必要だったからだ。ただの平社員の俺には到底無理なはなしであった。

そんなある日、昼間なのに無数の流れ星が降り注いだ。その日を境に俺たちの・・・いや、全世界の平穏にピリオドを打つこととなった。

その流れ星というのは、もちろんそんな美しいものでも幻想的な現象でもない。

「スコルダインタイト」を併用したナノマシンウイルスミサイルだったのだ。人体にはなんの影響もない。あってもミサイルが着弾した時の爆発の被害ぐらいのものだ。このミサイルには爆弾は使われてなかったので、被害はとても小さいものであった。一番被害が大きかったのは、そう機械だ。アンドロイド、電脳化、義体化、ありとあらゆる機械が誤作動を起こし、人を町を国を無差別に襲い始めた。

その時俺は・・・楽しく森の中でサバイバルゲームを楽しんでいた!

もちろんミサイルの衝撃は気づいて、ニュースなので現状は理解していたが俺は、

「えっと・・・森の中やし、大丈夫やろ。うん。とりあえず、タバコでも吸って落ち着くか。」

という緊迫感がないというか、バカというか。だが、サバイバルゲームをやっているのは俺だけではなかったわけであって、ほかの参加者の中に一部義体化している者や、電脳化している者もいた。もちろん俺は襲われる結果となった。

グオォングォン

「グァ体がァお゛か゛し゛い゛ィイ」

メキメキッゴキッゴギッ

「うわぁぁあ!お、お前なんだそれ!こっち来るなッ!うわぁあああ・・・」

グチャ・・・

義体化していた人の友達であろう人が一瞬のうちに物言わぬ肉の塊へと変えられてしまった。義体化していた体は、人の体であったということは分かるのだが、もはやその体は異形の物と化していた。それを人と呼ぶにはあまりにも醜く、先ほどまで楽しく談笑していた仲間を喰らっていた。どこから見ても化け物であった。

次々と周りの人間が襲われ無残に殺され、喰われていく。そんな中俺は、遥か遠く山の向こうまで逃げていた。

「えええええ!ちょ、ええええ!待って、笑えんから!なんやあれ!グロッ!無理ッ!キモッ!あ、ごめん。それは言い過ぎた。ご愁傷様やで。お前らの意思は継いだ!強く生きるわ、じゃな!」

逃げ足の速い主人公だった。その逃げる姿は、一周回って潔く感じられるほどであった。

ガサッ!

「あひゅう!!!なんや!?流れ的にウサギとかネコやろ?わかるでwww」

ガサッ!ニャオォ~。

「ほら見てみんかい!ネコちゃんや!このあと、落ち着いたらバケモンとかでてくるんやろ?」

大きな独り言に続き、自らフラグを立てる始末・・・。

ニャァアァア゛ゴキッゴギゴギッビニャアア゛

「いや、お前がバケモンかい!流れ読めや!!おっかしいやろ!?可愛いままでええやん!ほいで、お前グロいねん!!!」

化けたネコは追いかけてくるも、歪に変形した体のせいで上手く走れていなかった。

「ありゃ、お兄さんは思うで、仕事も勉強もトランスフォームも計画的にって!やっぱ何事も計画的に要領よくやで!」

そんな警告を知ってか知らずか、化けたネコは立ち止まり首を360度回転させながら変な機械音を発し始めた。

ピッピッピッキューイキューイキューイピッピッピッ

「え?どうしたんや!?てか、やめて!首回すのやめて!怖いから!グロいから!いや、待てよ。トトトツーツーツートトトってお前ェ!!それ、モールス信号やないかァ!!」

モールス信号とは、長短2つの組み合わせで遠くの味方と簡単な会話ができる表現の方法である。俺は、そういったものに興味があり知っていた。

ドーーン!!と木々を倒す音と共に無数の化け物達が飛び出してきた。

ピギャァァア゛!

グォンゴングォォォン!

「あかーーーん!!!やっぱりや!SOSの信号やったで!!なんやあの量!!ちょい待ち、手前のブタみたいなやつさっき喰われてた人やん!俺にはわかるで、あのセンスのねぇダサいTシャツは絶対にそうや、あのタヌキみたいなペイントは見間違うわけない!!」

ピギャァァアアアァア゛!!

「ごめん!怒った!?大丈夫、ダサいけど似合うてるから!可愛いで!せやから、見逃してくれへんかァ!?」

あの化け物に喰われた人は、義体化、電脳化の有無に関わらず、醜い姿に変えられてしまっていた。大気中に分散しているナノマシンウイルスは0.1~100nmサイズの機械装置であるため大量に吸い込んだり、噛まれるなどといった行為で注入されると同じように感染してしまうのだ。こんな重大なことにも気づかず、華麗にツッコミを入れる俺。

そうこうしているうちに、化け物共に囲まれ始めた。目の前に広がるのは、無数の人型機械の化け物達・・・中には、感染したのであろう自然にいた動物たちの姿も見える。この瞬間は、いまだに忘れることはできない。この時植え付けられた絶望と恐怖はトラウマといえるべきキャパシティーを超えていた。

その時、俺は気づいた。自分の足に取り付けられたサバイバルナイフを・・・。

今ならもっと上手くやれたかもしれないが、あの時の俺にはその手段が最善策だと思ってしまった。それは、自殺であった。足の専用ホルスターから手を震わせながらナイフを抜き、自らの首に突き付けた。スッと切り口から血が滴り落ちる。

「お前らに、喰われ無残に死ぬくらいなら俺はここで自分の命を自分で絶つことができるで。」

俺は大きくサバイバルナイフを掲げ自分の首筋を狙い振り下ろした、その刹那。

「うらぁああぁああぁぁああ・・・へぁあ?」

我ながら情けない腑抜けた声だったと今でも思い出す。サバイバルナイフを振り下ろしたまではいいが、首に到達したころにはサバイバルナイフどころか手首がごっそり無くなっていた。どうやら人間は自分の状況まで理解できるまで痛みも何も感じないというのは本当だったらしい。気配を感じ振り返ったそこには・・・。

あの化けたネコが、自分の手首であったであろう肉塊を一心不乱に食していた。

やっとここで自分の手首がないことに理解し、初めて手首を噛み千切られる痛みを知った。言葉にならない嗚咽交じりの叫びが森に響き渡る。

「あぁああああ手がっがああ痛ッあぁああ!!!」

手首一つで叫びすぎ?バカやろ!俺は普通の社会人だったんだよ。普通に痛いわ!

自殺するのは許さないとばかりに振り上げた腕の手首を食い千切った。その断末魔を号令と言わんばかりに化け物達は、一斉に俺へめがけて襲い掛かる。手足は千切られ、その肉を取り合い、腰から左胸にかけて食い千切られる。普通の状態なら即死だろう。だが、死ぬことは許されないとばかりにズタボロにされた切り口からは金属が生えていた。これが「スコルダインタイト」を使ったウイルスだったのだと遠のく意識の中理解した。このまま、目の前の化け物達のように無差別に人を襲う醜い姿になるのだと容易に推測できた。消えゆく意識の中、走馬灯のように今までの思い出が過る。即死できていたらどれだけ幸せだったのだろうかと今でも思う。傷口が塞がっていくといっても、痛みはもちろんある。自分の意識が、自我がこれほどまで邪魔だと感じたことは今までにはないだろう。

「ひゅぅーひゅぅー、ガハァッ!も゛う゛殺し゛て゛」

吐血交じりの虫の息で、死を懇願した。もう、数秒で死ぬとこだっただろう。だが、大きなエンジン音でもう一度現実へ引き戻される。

ヒュン!

何かが自分の胸に刺さったのがわかった。それは、注射器であった。中には、銀色のドロドロとした液体が満タンに入っていた。その液体がゆっくりと体内へ入っていく・・・。すると、機械化が止まり意識がハッキリとしてきた。何かの抗ウイルス剤なのだろうか。

目の前上空から、ヘリコプターが3台飛んできているのが見えた。そのヘリの兵装は、機関砲に始まり対戦車ミサイルと他にも見たことない兵器が搭載されていた。

すると、キレイな分隊飛行の後化け物の上空へ三角形になりホバー飛行で停滞する。そして、お互いの配置を確認できたその刹那。三機ある中で一つだけ一回り大きな機体が異様なノイズと共にミサイルを発射し、化け物へ着弾と同時に電磁パルスを発生させた。EMPミサイルといったところであろう。発射前のノイズは、EMP対策の何かだと推測できる。自分たちの使った兵器で墜落してたら、笑い話にもならない。やはりというべきか、化け物達には効果抜群のようだ。活動を停止し、完全に沈黙している。

「たすかったの、か・・・。」

ヘリがゆっくりと着陸し、武装した兵士達がヘリから隊列を組み次々と降りていく。

「GO!GO!GO!」

「機械生命体【マシンナーズ】沈黙確認!」

「動物型マシンナーズの動体を確認、殺すな!生け捕りにしろ!」

「EMP弾の使用を許可する。急所を外し、無力化した後捕縛しろ!」

一番後ろから、兵士に紛れ場違いな白衣を着て、ニマニマと口元を歪めながら降りてきた。やせ細った眼鏡の胡散臭い男だった。その男は、ゆっくりと俺のところへ近づいてきた。それに合わせるかのように、武装した兵士達がその男を守るように俺を囲み始めた。

「おぃおぃ~、物騒なのは僕嫌いなんだぁ~。どいてくれないかぁ?もっと生存者の状態を見たいんだよぉ~。」

「で、ですが・・・Dr.城門、危険です。」

「大丈夫さぁ~、見てみなよ。残ったのは、左腕のみ。試作していた純度100%のスコルダインタイトを打ち込んだんだぁ~当分は意識があっても動けないさぁ~!」

Dr.城門と呼ばれた男は、ヘラヘラとした雰囲気で俺に質問をしてきた。

「ねぇ~君ぃ~?今の調子はどうぅ?最高の気分でしょぉ?」

俺は、その態度と言葉に怒りを覚えた。だが、あの注射の後からは意識もハッキリして言葉も話せる。

「うるせー。お前のおかげで最高に調子悪いわ、顔近づけんな。眼鏡割んぞ。」

「はっはっはぁ~!威勢がいいねぇ~好きだよ、そういうのぉ~!紹介が遅れたねぇ~僕の名前は、城門。研究者をしているんだよぉ~よろしくねぇ~。」

「お前のことは気に入らへんけど、助けてもろた恩もある。俺の名前は、松本。松本健吾だ。助けてもらったこと感謝してるんやけど、早くこの状況なんとかしてくれへん?虫が顔に飛んできて鬱陶しいんやけど。」

俺はまだ、地面にゴミのように置かれたままだった。

「おうけいだよぉ~、ほら!お前らぁ!回収作業だ。実験材料を傷つけるんじゃないよぉ~。さぁ、松本君。行こうか?我々の研究所へ。ククッ!」

その気の抜けた号令と共に、回収作業が始まり、俺も担架で運ばれた。

バラバラバラッ!

俺はヘリコプターで運ばれている。

「ちょっと、ええかな?ドクター。」

「どうしたんだぁい?松本君?」

「あのな?運んでくれるんはええんやで?ホンマに助かっとる。」

「お礼はいらないよぉ~、君は生存者なんだからぁ~」

ドクターと無線で会話をしている。だが、俺は納得いかない。

「おかしないか!?何で、この動かんくなったバケモンと一緒のコンテナに入れられてるんや!!!こいつら、臭いねん!!油と血と獣の臭いが混ざって、わけわからん臭いやねん!まだ、う〇この方がマシやぞ、これェ!!」

そう、俺は化け物達と同じヘリコプターに吊られたコンテナの中に入れられている。とてつもなく臭い。

「なぁ、ドクター!頼む!出してくれ!この目の前の化け物と目が合うんやけど、めっちゃこっち見てくる!!嫌や無理!!!」

「・・・」

「おい!!!無視すんなや!!聞こえてるん知ってるんやぞ!ねえ、お願い・・・せめて返事してwww」

「・・・」

「・・・もうええわ。この首がくるくる回ってたネコの化け物とお話しとくわ。お前、かわいそうやな。そんな姿になって・・・首360度回っとったけど大丈夫け?」

「松本君も、人に言えないような姿になってるけどねぇ~、ククッ、君面白いね。」

「「「 聞こえてるやん!!!!! 」」」

このドクターには、絶対にいつかし返すと心に誓ったのであった。



 鈴村健一 4p 松たか子

戸松遥 変態プレイがしたいんです~黒木琴音 岩本豐太 大仏さまと子供たち
倉木麻衣 4p 松たか子
イアン?ムーア リトル?フォレスト 冬?春 美乳美少女ナンパフェラ 立花さや 伊藤美誠
4p 松たか子 安室奈美恵
現役女子大生フェラ&中出し~遥めぐみ 足なめ 白石麻衣
上戸彩 4p 松たか子
大野智 羽生結弦 イアン?ブキャナン パニック?ルーム
4p 松たか子 浅田真央
小さい乳首 錦戸亮 高山みなみ
佐々木希 4p 松たか子
トイレ 芦田愛菜 真野恵里菜
4p 松たか子 篠崎愛
坂井の泉 AVライターのお仕事2 水澤りの 市川かつじ 続社長三代記
指原莉乃 4p 松たか子
Fカップ爆乳遥めぐみに連続中出し! 中山美穂 藤井リナ
4p 松たか子 木村拓哉
美少女3Pグループファック 森川ひかる フェラチオ 玉木宏
赤西仁 4p 松たか子
金城武 痴女フェラプレイで口内射精!小暮真稀 秋元才加
4p 松たか子 上坂すみれ
爆乳セクシー熟女~シャワーオナニー昇天 石塚勝海 最終兵器彼女 深田恭子
高橋秀弥 4p 松たか子
美顔 池田誉 女高生(秘)白書 肉体収容所 錦戸亮
4p 松たか子 伊藤静
倉木麻衣 シャワー 小清水亜美
大島優子 4p 松たか子
立ちハメ 今関純子 ハート?オブ?ザ?シー 釘宮理恵
4p 松たか子 二宮和也
イヴ?ロダレック レプスキー絶対絶命 その男凶暴につき 森川智之 坂本真綾
花江夏の木 4p 松たか子
星野亜希 石塚克彦 走れ!ケッタマシン ウエディング狂騒曲 レズビアン
4p 松たか子 村川梨衣
美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 安室奈美恵
鈴村健一 4p 松たか子
さるぐつわ 生ハメ願望の強い美熟女!渡辺美羽 芦田愛菜
4p 松たか子 中森明菜
平野綾 グループ3P中出しファック!美少女橘ひなた 今井康次 深い河
小野大輔 4p 松たか子
白石ひより~3Pグループファック~ 小倉唯 友田彩也香
4p 松たか子 細谷佳正
井之上史織 思春期ごっこ 爆乳 上戸彩
宮沢理恵 4p 松たか子
中華料理 アナルセックス 亀梨和也
4p 松たか子 羽生結弦
赤西仁 バック 石川佳純
岩崎京子 鯉のいる村 生ハメ姉妹4P昇天~このみ&あさり 石原里美
頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 反町隆史
黒木明糸 潮吹き フェラ&生ハメデート 小桜沙樹
橋本環奈 奥まで挿入 木村拓哉
Edwald Bach 情熱の舞 海に行く前に野外で生ハメ~翼みさき 梶裕貴
三浦友和 アナル挿入 はめたい小マンコ!Gカップ遥めぐみ
おもちゃ挿入 生ハメ前に剃毛プレイ! 爆乳間宮純 沢城美雪
イーゴリ?ストラビンスキー ボリショイ?バレエ in シネマ Season 2016-2017 「コンテンポラリー?イブニング」 肉棒懇願バキュームフェラ 立川理恵 指原莉乃
山口百恵 北島康介 フェラ、潮吹き&中出し 一ノ瀬アメリ
内村航平 乳首いじり 内田真礼
エロポーズ バスルームグループフェラ 永沢まおみ 小野リサ
篠崎愛 井上卓也 へっぽこエスパーなごみ! 村川梨衣
撮影後に生ハメガチ交渉~有賀ゆあ~ パイずり 石川佳純
李香蘭 イルマ?クリステンソン 日曜日のピュ 杉田智和
滝沢秀明 アナル挿入 女の園グループフェラ~ことみ&アンリ
藤井リナ 美形お嬢様愛音ゆうと中出しファック 佐々木希
ローションプレイ 糸数志津子 MABUI 李香蘭
篠田麻里子 飯田寛 青春ばかちん料理塾 山田優
クンニ 内村航平 川澄綾子
淫乱女教師の家庭訪問フェラ 安城アンナ 雨宮の日 浅田真央
小倉唯 石井勲 スティルライフオブメモリーズ 北島康介