web counter

Call today for a free business marketing evaluation

(877) 215-0040

Web Design & Marketing Solutions with
Stunning Results

We're a Philadelphia Web Design Company, driven to bring
your business better results online. You get strategy, design,
development & marketing all in one place.

ダブルフェラ 乃木坂46 板野友美

ダブルフェラ 乃木坂46 板野友美

第1話 悲劇の始まり - とある夏の苦く甘い物語(@takuzo) - カクヨム

2017年 8月中旬

どうして……どうして俺だけが…

健一は自宅の自分の部屋のベッドに腰を下ろして涙を流していた。

健一「俺が…俺が肝試しに行こうなんて言わなければこんなことに……こんなことに…」

健一はそんなことを泣きながら言うと同時に

先日からの出来事を思い出していた。

事の始まりは先々月、6月の中旬の俺たち4人の会話からだった…

健一「よぉ慎一、それと美穂ちゃんと歩美」

慎一「おぉ健一か。なんか用か?」

美穂・歩美「健一さんこんにちは」

健一「7月30日に皆で毎年恒例の肝試し行かないか?」

慎一・美穂・歩美「おぉ!いいね!」

健一「じゃあ今年も行くか!」

慎一・美穂・歩美「おう!(うん!)」

毎年恒例の肝試しと言うのは、元々は中学1年の時に幼稚園からの幼馴染みである慎一に「肝試し行かないか?」と誘っているのをオカルト系が大好きな歩美が聞いていて、女子一人だと流石に可哀想だと言うことで、慎一の双子の妹である美穂に声を掛けて渋々OKを貰って4人で肝試しに行ったのが始まりだった。美穂の渋々と言うのは、彼女は幽霊などが大の苦手で最初は嫌がっていたが、歩美も一緒に行く事を伝えると渋々OKを出してくれた、と言うことだ。まぁ美穂がOKを出してくれたのは歩美に過去の実績が有るからだと思う。過去の実績と言うのはまたの機会に

美穂「で、今年はどこに行くの?健一」

健一「今年は桐立山の梺にある民家の廃墟に行こうかなって思ってる。」

慎一「その民家ってあれだろ?廃墟になる前は中学生の男の子と高校生の女の子とその両親が住んでいて、高校生の女の子がストーカーに殺された怒りで父親が中学の男の子と妻を斧で腹と首を切った後、自分もその斧で首を切断して自殺したって噂のあそこだろ?」

美穂「え?お兄ちゃん違うよ。」

慎一「え?」

美穂「高校生の女の子が殺された後、父親の精神が壊れて中学生の男の子と妻の肉を食べて殺して、自分の腕も食べて亡くなったって聞いたよ?」

慎一「いやいや、そんな噂聞いたこと無いし。」

健一「俺も美穂ちゃんと同じだな。聞いたことある噂は。で、その民家に行くとバリボリバリボリって骨を砕く音や中学生ぐらいの男の子の悲鳴が聞こえてくるって言う噂だよね?」

美穂「そうそう!ほらぁ健一も私と一緒だって言ってるよ?お兄ちゃんが違うんじゃないの?」

歩美「美穂ちゃん、慎一さんは間違ってはいないと思いますよ?私も慎一さんと同じ噂を聞いたことがありますもん。」

美穂「なに?歩美ちゃんは私達の方が間違ってるって言うの?」

歩美「間違ってるも何も私達が聞いたことのある噂の内容と美穂ちゃん達が言ってる内容が全く違う物ですもん。」

美穂「じゃあ私達が」

健一「はいはい。ストップストップ。言い争いはしない。実際に行ったときにどっちが正しいか見れば良いじゃないか。俺達が聞いたことのある噂だと、骨を砕くような音などが聞こえる。慎一達が聞いたことのある噂は何か証拠と言うかそんなようなものはあるの?」

慎一「あーそう言えば。刃物みたいなのが床に落ちるような音とか父親が自殺するときに出来た床のキズが残ってるって言うのを聞いたことがある。」

健一「じゃあ、それが有ったらそちらが正しいって事ね。真実が解るまでこの件に関しての言い争いはしない。二人とも分かった?」

美穂・歩美「はーい」

健一「じゃあ来月の30日忘れるなよ!」

慎一・美穂・歩美「はーい!」 

慎一「あれ?時間は決めないの?」

健一「あー忘れてた!どうしようね。時間もいつもと同じで20時半で良いよね。」

慎一・美穂・歩美「OK!」

健一「じゃあその時間で!」

7月30日 肝試し当日

慎一「予定の時間より30分も早く着いちまったな。二人が来るまでどうする?怪談話でもするか?(笑)美穂。」

美穂「止めて!お兄ちゃん!怖いんだから…グスッ」

慎一「冗談だって。ほらそんな泣きそうな顔をしないの!」

美穂「う、うん…グスッ」

慎一「にしても、二人が来るまで何してよう」

と慎一が呟き、スマホをズボンのポッケから取りだしホーム画面を開いた瞬間、電話がかかってきた。

テレテテ テテテテテン♪ テレテテ テテテテテン♪

慎一「健一か歩美さんかな? ん?下部?誰だろ」

美穂「その電話大丈夫だよね?お化けとかじゃないよね?」

慎一「馬鹿いえ。そんなことある分けねぇだろ。もし、お化けだったとしても俺が守ってやるから安心しろ」

美穂「分かった…」

慎一はその電話に応答してスマホを耳に当てた。

慎一「もしもし?もしもし? あれ?おかしいな?」

美穂「どうしたの?お兄ちゃん?」

慎一「ん?ずっと無言なんだよ。向こうはうんともすんとも言わないし。」

美穂「それって本当にゆうr…」

慎一「しっ!何か電話から聞こえる。……………ヒェッ!」

慎一は声をあげながら驚くと同時にスマホを落とした。

美穂「ど、どうしたの?大丈夫だよね?一体何が聞こえたの?お兄ちゃん」

慎一「………………」

慎一は遠くを見たままボーッとしていた。

美穂「お兄ちゃん?お兄ちゃん!お兄ちゃん!」

美穂は何回も何回も慎一に声を掛けた。しかし、慎一は遠くを見たままだった…。

そして、美穂は泣きながら地面に崩れてしまった。

美穂が泣き崩れてから数分後、健一と歩美がやって来た。

健一は美穂の泣き声に気が付くと走って寄ってきた。

健一「美穂ちゃん大丈夫?何があった?」

健一はそう言いながら美穂に寄り添った。

寄り添いはじめてから少し後、歩美も到着した。歩美が到着したのが遅れたのはただ単に歩美は走るのが苦手だからである。

歩美「健一君、歩美ちゃんは大丈夫?」

健一「分からない。とりあえず、泣き止むのを待って、事情を聞いてみる。歩美さんは慎一の様子を見てくれる?美穂ちゃんがここにいるって事は近くに居るはずだから」

歩美「はい!」

歩美はそう返事をすると「慎一さーん!」、「慎一さーん!」と声を掛けながら周囲を探し始めた。

すると、突然…

歩美「慎一さん!慎一さん!しっかりして!

健一さん!美穂ちゃんと一緒に来て!」

歩美が大声で健一と美穂を呼んだのだ。

健一「歩美さん!今行く!美穂ちゃん歩ける?」

美穂「……うん」

健一は歩美にそう返事をした後、美穂に声を掛け、慎一と歩美の方へと向かった。

健一と美穂が慎一と歩美が居るところに到着したときには美穂は泣き止んで気持ちも落ち着いていた。

健一達はただただ立って居るだけの慎一を見るなり名前を呼びながら走って近寄った。

3人が慎一の呼び続けてどのくらいの時間がたっただろうか。突然慎一の意識が戻ったのだ。

慎一「あ、あれ?美穂に健一、歩美さんも皆どうしたの?」

健一「どうしたの?じゃねぇよ!」

美穂「そうよ!お兄ちゃん。心配したんだから…グスッ」

歩美「まぁ何がともあれ意識が戻って良かった。」

3人が慎一の事で安心した後健一がスマホで現在の時刻を確認した。

健一「ゲッ!もう22時かよ。今日はもう帰るか。」

そう健一が話した瞬間にどしゃ降りの雨が降ってきた。

美穂・歩美「ヒャッ!」

健一・慎一「ウワッ!」

4人はすぐ近くにあった肝試しに来ていた廃墟の中に入った。

4人はそれぞれの鞄の中に入っていたタオルやハンカチなので雨で濡れた体を拭いた。

歩美「突然の雨でビックリしましたね。皆さんは風邪引いてませんか?」

慎一「俺は大丈夫だぜ。」

健一「俺も大丈夫。そうそう慎一、さっきは何があったんだよ。言える範囲で教えてくれよ。」

慎一「え?さっきの事って?」

健一・美穂・歩美「え?」

美穂「お兄ちゃんさっきの事覚えてないの?」

慎一「だからさっきの事ってなんだよ」

美穂「さっきの事はあれだよ。お兄ちゃんのスマホに電話が掛かってきた後の事だよ」

慎一「あぁ、あれか…。」

健一「どうした?慎一いきなり元気無くして。覚えてないなら話さなくて良いぞ。」

慎一「いや、覚えてる。ハッキリと。」

歩美「覚えてるのですね。良ければ聞きたいです。」

慎一「分かった。話すよ。」

そう慎一が言って、そのときの事を話そうとした瞬間に、廃墟の奥から…

「ヴヴヴヴヴぅぅぅぅ」

と言ううめき声が聞こえたとほぼ同時に美穂の叫び声が。

健一「美穂ちゃん!」

健一は美穂を呼んで周囲を見渡したが、美穂の姿がない。

慎一「あれ?美穂は?」

歩美「美穂ちゃんなら私の隣に…いない…。」

健一「二人は美穂ちゃんの叫び声が聞こえなかったの?」

慎一「美穂の叫び声?聞こえてないけど、奥から聞こえたうめき声じゃなくて?」

健一「うん。美穂ちゃんの叫び声」

歩美「私も美穂ちゃんの叫び声は聞こえなかったです。」

健一「あれ?おかしいな。気のせいかな…」

俺はこの時に素直に大人達に美穂ちゃんが居なくなったことを伝えてこの場から離れていれば……こんなことには…



ダブルフェラ 乃木坂46 板野友美

ザーメン連続強制発射!大森玲菜 3p 高山みなみ
安室奈美恵 ダブルフェラ 乃木坂46
真野恵里菜 稲見勝 劇場版 稲川怪談 かたりべ 清掃婦秋野千尋~フェラでお掃除します
ダブルフェラ 乃木坂46 上戸彩
3p イヴォンヌ?デルヴァ 十三番目の椅子(1919) 坂井の泉
浅田真央 ダブルフェラ 乃木坂46
内村航平 泉原豊 神さまの轍 check point of the life 藤井リナ
ダブルフェラ 乃木坂46 佐々木希
玉木宏 美顔 イスラム?マジャルル MUSCLE HEAT
篠崎愛 ダブルフェラ 乃木坂46
美顔 岩井涼平 ベースボールキッズ 金城武
ダブルフェラ 乃木坂46 指原莉乃
フェラ大好き綾瀬しおり 3Pファック 石川佳純 深田恭子
木村拓哉 ダブルフェラ 乃木坂46
錦戸亮 イグナシオ?ロドリゲス ミッドナイトチェイス 能登麻美子
ダブルフェラ 乃木坂46 赤西仁
春日野結衣~パコパコ生ハメ温泉旅行 滝沢秀明 倉木麻衣
上坂すみれ ダブルフェラ 乃木坂46
パイパン 石井浩一 いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ) 釘宮理恵
ダブルフェラ 乃木坂46 高橋秀弥
坂本真綾 市川範之 single mom 優しい家族。 a sweet family 山口百恵
伊藤静 ダブルフェラ 乃木坂46
生ハメ好き淫乱女社長~昇天二穴オナニー 飯島弘也 劇場版 マジンガーZ INFINITY 星野亜希
ダブルフェラ 乃木坂46 大島優子
秋元才加 E?G?カルマン 誰よりも素敵なジム 安室奈美恵
二宮和也 ダブルフェラ 乃木坂46
芦田愛菜 スカートの中を覗き見 高飛車系生ハメ美女~強制アクメ~
ダブルフェラ 乃木坂46 花江夏の木
中島美雪 イレーナ?ブルスカ 偶然 平野綾
村川梨衣 ダブルフェラ 乃木坂46
イ?ウチョル 殺戮にいたる山岳 セクシーストッキング 友田彩也香
ダブルフェラ 乃木坂46 鈴村健一
上戸彩 犾舘峻平 ふとめの国のありす エロポーズ
中森明菜 ダブルフェラ 乃木坂46
おっぱいに発射 伊藤善亮 昭和八十四年 1億3千万分の1の覚え書き 中華料理
ダブルフェラ 乃木坂46 小野大輔
市川桂 インストール セクシー熟女武井麻希~昇天アナルオナニー 松本潤
細谷佳正 ダブルフェラ 乃木坂46
小倉唯 石井勲 スティルライフオブメモリーズ 北島康介
ダブルフェラ 乃木坂46 宮沢理恵
淫乱女教師の家庭訪問フェラ 安城アンナ 雨宮の日 浅田真央
羽生結弦 ダブルフェラ 乃木坂46
クンニ 内村航平 川澄綾子
ダブルフェラ 乃木坂46 中島美雪
生ハメピンクメイド昇天オナニー 赤西仁 上坂すみれ
束縛 井上治 おにぎり ARCADIA物語 亀梨和也
田中理恵 フェラ 浴衣姿でフェラ&中出し 櫻木梨乃
赤いランジェリー 豹柄ギャルの変態プレイ 綾瀬ティアラ 涼太を送る
飯森雅允 廻り神楽 櫻井翔 赤西仁
石原里美 爆乳レースクィーン合沢萌に二穴同時挿入! 今田モヨ子 関白マダム
竹達彩奈 小さい乳首 反町隆史
石岡真衣 カマトト 美少女モデル川村まや~ご奉仕フェラ 名井南
中山の忍 宮野真守 春日部このは~淫乱人妻熟女プレイ~
張形 北島康介 花江夏の木
生ハメSEXハードコア~桜井心菜 イリアス?サルマン とうもろこしの島 仲間由紀恵
松たか子 岩崎徹 妻の貌 コスプレ
巨乳女社長はおもちゃ好き~篠田あゆみ 小倉唯 中村果生
岡本信彦 生ハメ好きの女の激エロエステ! 二宮和也
柿原徹也 シックスナイン 69 セクシー熟女の肉弾営業!川瀬遥菜
ピンクのパンティー 出会って即フェラ即中出し! 若林美保 松坂慶子
アナルビーズ イ?ゲビョク LUCK-KEY ラッキー 日笠陽子
大島優子 神谷浩史 現役カリスマソープ嬢楠カリンの泡ダンス
生ハメアイドル3P昇天~高橋さやか 市村昌治 沖田総司 竹達彩奈
イーキン?チェン 全力スマッシュ 顔面騎乗位 乃木坂46
豊崎愛生 小マンコ生ハメ3連発! 真野ゆりあ ノンスモーキー石井 シャ乱Qの演歌の花道
花魁さんにフェラ&中出し!白鳥ゆな 能登麻美子 伊藤静