web counter

Call today for a free business marketing evaluation

(877) 215-0040

Web Design & Marketing Solutions with
Stunning Results

We're a Philadelphia Web Design Company, driven to bring
your business better results online. You get strategy, design,
development & marketing all in one place.

美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 安室奈美恵

美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 安室奈美恵

第1話 女騎士はカエルと闘いたい! - リベンジ・オブ・ザ・ジャイアントトード(ハニヒロ) - カクヨム

 冒険者ギルドの酒場は今日も賑わっていた。

 まだ昼間だというのに、酒気を帯びた男女たちの笑い声が店内に響き渡っている。日々の疲れを吹き飛ばそうとするかのように、それぞれのテーブルでは冒険者たちがお祭り騒ぎのごとく盛り上がっていた。

 ・・・・・・そんな中で、一つだけ、お通夜のように静まりかえったテーブルがあった。店の片隅の、ある四人パーティが座っている所である。

「カエルを倒すクエストをしよう」

 そう提案したのは四人パーティの内の一人、金髪の女騎士だった。宝石のように透き通った碧眼を凜と光らせて、力強く仲間たちに訴えかける。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・ええー」

 だが、残りの三人の顔は、そんな女騎士の態度に反比例するかのように曇っていた。食卓の上の野菜サラダを食べる手すらピタリと止め、引きつった表情で提案者に視線を向けている。

「ん? 聞こえなかったか? 今日はカエルを倒すクエストを・・・・・・」

「いや、ちゃんと聞こえてるけど・・・・・・」

 パーティのリーダーらしき若年の男、カズマが言葉をかぶせるようにして女騎士の二度目の提案を打ち消した。同時に残りの二人に横目を向け、様子を窺う。

「か・・・・・・カエル・・・・・・な、生臭っ・・・・・・ああっ!」

 二人の内の片方、羽衣を着た水色の少女はわなわなと身体を震わせていた。まるで恐ろしい何かから我が身を守るかのように、両腕を強く抱きしめている。

「ヌルヌル・・・・・・温か・・・ううっ・・・・・・」

 もう片方の魔法使いの格好をした少女も似たような状態だった。俗にロリ顔と呼ばれる幼めの顔立ちを苦悶に歪ませて、悩ましそうに頭を抱えてしまっている。

 そんな両者の姿を見た後、改めてカズマは女騎士と向き直った。

「なあ、ダクネス・・・・・・前に言わなかったっけ? この二人はカエルに食われかけたことがあるから、トラウマになってるって」

 カエル。

 それは、カズマたちのパーティ・・・・・・より正確に言えば、そのうちのアクアとめぐみんの二人に壮絶なトラウマを植え付けたモンスターである。

 正式名称はジャイアントトードと言う。

 その体躯は牛を上回るほどの巨大さであり、繁殖の時期になると、産卵のための体力を付けるため、エサの多い人里にまで現れ、農家の飼っている山羊を丸呑みにしてしまうらしい。

 で、アクアとめぐみんは、少し前のクエストで農家の山羊よろしくパックリと丸呑みされてしまったというわけである。

「その話はちゃんと覚えているぞ」

 だが、女騎士ことダクネスは記憶の中の恐怖に震えているアクアとめぐみんの姿にも、普段だったらアクアに向けられるカズマの視線にも動じた様子はなかった。あくまで毅然とした態度で言い放つ。

「頭からパックリやられて・・・・・・ね、粘液で身体中をベトベトに! ベトベトにされてしまったというやつだろう? 私が初めて二人を見かけたときのことだから、良く・・・・・・本当に良く覚えている」

「だったら何でそんな提案をするんだよ? この二人にカエルの三文字は禁句だって、分かるだろ?」

 女騎士の頬がピンク色に染まっていることには一切、言及せずに、カズマは呆れたようにそう言った。

 もしかしてこの騎士様は、どこぞの女神様並みに知力のステータスが低いのでは・・・・・・そんな風にカズマが疑ったときである。

「だからこそ私は、カエルを倒すクエストがしたいと言っているのだ」

 今度のダクネスの顔には、邪念が見えなかった。

 仲間を守るクルセイダーとしての真剣さを瞳に宿しながら訴えかけてくる。

「カズマは前に言っていたな。『ガチで魔王を討伐したいと考えている。自分たちはそのために冒険者になったのだ』・・・・・・と。ならば、駆け出しの冒険者の街と呼ばれるこの場所を離れる前に、パーティのカエルへの恐怖心を払拭しておく必要があるのではないか?」

「む・・・・・・」

 珍しく見かけ通りに理知的なダクネスの態度に、カズマは物怖じしてしまう。

「前に言ったと思うが、カエルはとても費用対効果が高いモンスターだ。刃物が通りやすいから倒しやすいし、攻撃方法も舌による捕食しかない。何より、倒したカエルは食用として高く売れる・・・・・・きちんと倒すことさえ出来れば、道中での生活がかなり楽になるはずなんだ」

 そのダクネスの言葉に、カズマは少しばかり思案する。

 確かに、この女騎士の言っていることは間違いなく正しい。本気で魔王討伐を考えるなら、この先の旅がどれほど過酷なものになってもおかしくはないのだ。その間、金欠で生活苦に陥ることだってあるだろう・・・・・・そんなときにカエルを狩って金稼ぎをしたり、直接食料を調達できたりすれば、かなり安心できる。

 いや、というよりも、カエルを狩って金稼ぎをするなど手慣れた冒険者にとっては基本中の基本なので、それができないというのは相当、危険なんじゃないか?

「それに、前に魔王軍の幹部、ベルディアというデュラハンが街を襲ってきただろう? あのときは相手の軍勢がアクアの得意とするアンデッド系だったから何とかなったが・・・・・・この先、カエル系のモンスターが主力の軍勢と闘わないとも限らない」

「かっ! かかかか・・・・・・カエル系のモンスターの軍勢ですってぇ!?」

「ぬ、ヌルヌルプレイはもうイヤぁ!」

 恐るべき未来が頭によぎったのか、アクアとめぐみんは悲鳴を上げて店の隅っこに縮こまってしまった。「ちょっと待て、ヌルヌルプレイなんてしてないだろ!」とカズマがツッコミを入れる暇もなく、お互いに肩を抱いて身を寄せ合っている。

 ・・・・・・想像するだけでこの有様なのだから、実際にカエルの軍勢を目の当たりにしたのならば、それだけで失神してしまうかも知れない。

「まあ、ダクネスの言い分は分かるけど・・・・・・でも、こんな調子じゃ前回の二の舞に・・・・・・」

「大丈夫だ、問題ない」

 力強い口調で、ダクネスはそう言い切った。

「みんな、良く聞いてくれ。私たちはこの間、とても強くなった。カズマは新しくスキルを習得したし、めぐみんの杖も新しくなった。アクアのレベルもだいぶ上がっている・・・・・・もう、私が加入する前のように苦戦を強いられることはないはずだ」

 そのダクネスの姿は、まるで教え子に最後の言葉を贈る教官のようだった。凜々しい外見に相応しい大人びた態度で、震える子羊たちの肩にポンと手を置く。

「それに、いざとなれば私が居る。アクアやめぐみんが再び丸呑みにされそうになったら、私が盾になって代わりに飲み込まれてやるさ・・・・・・だから何も心配するな!」

「「「だ、ダクネス・・・・・・っ!」」」

 アクアやめぐみんのみならず、遠目で様子を窺っていたカズマや、まったく関係のない野次馬の冒険者までもがダクネスに対し尊敬のまなざしを送っていた。

 なんて頼もしい発言だろうか。この女騎士が側に居てくれるのなら、ジャイアントトードごとき恐るるに足らず! むしろ、どうして先ほどまで怯えて竦(すく)んでいたのか忘れてしまったほどである。

「よーし! 今日のクエストはカエル退治だ! みんな、気張って行くぞ!」

「「「おーっ!」」」

 女騎士の説得によって、カズマたちの士気はかつてないほど高揚していた。

 誰もダクネスの口の端からよだれが垂れていることに言及しなかったのは、そういう特殊な空気のせいだったのだろう。

 で、クエスト募集の掲示板の前まで来たカズマたち一行だったのだが、

「な、なんじゃこりゃ・・・・・・!」

 カエル絡みのクエストで張り出されているのは、今、カズマが握りしめている紙の一枚だけだった。それも、とんでもない内容が書かれている。

『ジャイアントトード大量発生! 五十匹まとめて討伐で二百万エリス』

「ご、五十匹って・・・・・・」

 書かれている数字のデカさに、カズマは頭をハンマーで打ち付けられたようにクラクラしてしまう。

 前にアクアとめぐみんと一緒に討伐したときは、たったの五匹だった。そのたった五匹にあれだけ手を焼いたのに、その十倍って・・・・・・

 一体、どうしてこんなことに?

「春先だからですね」

 そこで、冒険者ギルドの受付のお姉さんが話しかけてきた。

「毎年この時期になると、冬眠から目覚めたカエルが平原に大量発生するんですよ。この地域だと風物詩みたいなものなんですけど、まだご存じではありませんでしたか?」

「へぇ〜、知りませんでした・・・・・・」

 顔を引きつらせながら、カズマはどうにか受け答えをする。

 同時に後ろを振り向くと、真っ青な顔をしたアクアとめぐみんの姿がそこにはあった。さっきまでの覇気は突きつけられた数字の前に、すっかり霧散してしまったようである。

 ちなみに、期間は一日以内と書かれている。

「よし、やっぱりカエル退治はやめよう!」

「イヤだああああああああああああああああ!! 待ってくれカズマああああああああああああ!!」

 スッパリとトラウマ克服を諦めようとしたカズマの背中に、金髪の女騎士が涙を流しながら縋(すが)り付いてきた。

「ずっと楽しみにしてたんだ! 粘液まみれにされたアクアとめぐみんの姿を見たあの日から、カエル系のモンスターと闘う日をずっと楽しみにしてたんだぁ! いつか私もあんな目に・・・・・・頭からパックリやられて! 粘液で! 粘液でベトベトにされてしまうのかと想像すると、夜も眠れなくてぇ・・・・・・っ! 頼むぅ・・・・・・このまま焦らされ続けたら私、おかしくなってしまうぅ・・・・・・!!」

「だったらおかしくなってしまえ! この変態が!」

 まるで普段の駄女神様を彷彿とさせるダクネスの懇願を、カズマは冷たく一蹴した。

 やはり、一瞬でもこのドM騎士を頼もしく思ったのが間違いだった。

 身をひるがえして掲示板の前から去ろうとするカズマだったが、女騎士が強靱な握力を駆使してそれを阻止した。どうにか引きはがそうと奮闘するが、やはりステータスの差が大きいのか、いっこうにダクネスが離れる気配はない。

 足蹴にされながらも頬を紅潮させている金髪碧眼の美女は、やがて酒場全体に響き渡るほどの大声で叫んだ。

「もしも・・・・・・どうしてもカエルと闘いたくないというのなら、カズマ! お前が・・・・・・お前が代わりに、私のことをメチャクチャにしてくれ!!」

「はぁ!?」

 あまりに突飛な発言に、思わずカズマは彼女を踏みつけていた足を止めてしまった。何を想像したのか、普段の誰かよろしく頬を紅潮させてしまっている。

 しかし、対する女騎士は己の中の堅い決意を口にするのを止めはしなかった。

「もしもカズマが私のことをメチャクチャに・・・・・・あの日の思い出ごとメチャクチャにしてくれれば! 私は二度と毎晩毎夜あんな切ない思いをせずに済むはずなんだ! だから、頼むっ! ヌルヌルでもベトベトでも・・・・・・ネバネバしたのでも何でもいい! カズマの好きなやつで欲望のままに折檻して・・・・・・あの日に抱いた私の淡い気持ちを力尽くで塗りつぶしてくれえええええええええ!」

「だあああああああああああああ!! 分かったから! ちゃんとクエスト受けるから! クエスト受けてカエルを倒すから! だからこれ以上、俺の風評が悪くなることを言うのはやめてくれえええええええええええええええ!!」



美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 安室奈美恵

長瀬智也 セクシー衣装 上坂すみれ
大島優子 美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る
アナル 岩渕崇 幸福のアリバイ Picture 井上麻里奈
美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 二宮和也
浪川大輔 ハリキリギャル生ハメ本番ハードコア 市川昭介 さよなら列車
花江夏の木 美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る
おもちゃ挿入 伊藤寧々 劇場版ほんとうにあった怖い話2017 花田美恵子
美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 村川梨衣
悠木の碧 フェラ好きくるみ~オナニー&中出し! 高橋秀弥
鈴村健一 美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る
智一を関す ハードコア 学園の美人音楽教師はフェラが得意です!
美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 中森明菜
石井康晴 花より男子ファイナル 発射 川島奈々代
小野大輔 美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る
飯田ゆか ビターコーヒーライフ 松本潤 秋元才加
美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 細谷佳正
伊藤静 森川智之 井上あずみ となりのトトロ
宮沢理恵 美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る
E. Nadenin 風(ソ連) ビキニ 豊崎愛生
美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 羽生結弦
Enid McCall 完全なる良人 玉木宏 乃木坂46
中島美雪 美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る
竹達彩奈 橋本環奈 泉かおる 密告者(1965)
美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 錦織圭
綾瀬ティアラに生中出し&お掃除フェラ 乱れる熟女 大島優子
詩雅まで 美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る
北島康介 フェラ好きハーフモデル!藤本リーナ 日笠陽子
美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 福山雅治
松坂慶子 生ハメ爆乳美女エッチなインタビュー かわいい尻
長瀬智也 美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る
アナル挿入 安室奈美恵 柿原徹也
美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 中島美嘉
クンニ Edith Helou 制服の処女(1958) 二宮和也
悠木の碧 美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る
中村果生 倉木麻衣 テニス部 テニス少女にたっぷり口内射精!
美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 張本智と
大野智 爆乳美熟女北島玲~3P生ハメ接待 松たか子
能登麻美子 美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る
アナル 見て見て!長月ラムのおマンコ! 仲間由紀恵
美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 喜多村の雄
花江夏の木 岩下英雄 地下室 黒の下着
大野智 美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る
イア?ニニゼ 懺悔 前田敦子 中山の忍
美巨乳連続ザーメン発射 愛内梨花 涼太を送る 藤井リナ
巨乳美少女橘ひなた~グループフェラ 石田潔 大怪獣ガメラ 宮沢理恵
木村ガーリー トイレ イ?スビン さまよう刃
水瀬祈願 爆乳ギャルお掃除フェラ 椎名みくる 栗山千明
小野大輔 美少女あすかみみの潮吹きプレイ 小倉
細谷佳正 大野智 リアル輪姦
長瀬智也 爆乳美熟女野外中出し姦 新山かえで 上林誠知
大胆不敵の怪盗松すみれのフェラ抜き コスプレ 長野博
内田有紀 稲垣明 サクラ大戦 活動写真 長い爪
井上高志 柘榴坂の仇討 アナル 小野大輔
伊藤薫 LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て セクシー熟女美咲カレン~連続中出し 斎藤鳥
工藤静香 犬飼若博 讐 ADA 戦慄篇 高橋みなみ
南條愛乃 Fカップ爆乳朝桐光に二穴同時ファック 水樹奈々
ローションプレイ 松坂慶子 中森明菜
池田踊り 乃木坂46 磯見俊裕 音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
Edda Seippel O侯爵夫人 3p 内村航平
爆乳美熟女誘惑~痴女フェラ&中出し 石川ひとみ MEMORIES(1995) 櫻井翔
鈴村健一 4p 松たか子
櫻井翔 阿鼻叫喚!豪華8Pグループファック 堀江由衣
ペット扱い 釘宮理恵 花沢香菜
渡辺麻友 井上大助 悪魔が呼んでいる 酒井法子
イルゼ?ロッツデュポン 青い波紋 トイレ 村川梨衣
浅田真央 剛毛マン毛 柏原崇