web counter

Call today for a free business marketing evaluation

(877) 215-0040

Web Design & Marketing Solutions with
Stunning Results

We're a Philadelphia Web Design Company, driven to bring
your business better results online. You get strategy, design,
development & marketing all in one place.

凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 岡本信彦

凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 岡本信彦

滑稽な男 - 滑稽な男(λμ) - カクヨム

 その男はいつも同じ席に座って、いつも同じ酒を飲んだ。狭い店のカウンター、一番奥。そこが男の指定席だった。

 席に座って、ジンライム。ちびちびと舐めるように飲む。他の客を待っているのだ。

 ジンライムを飲み終える頃には人が来て、ゴッドファーザー。口が滑らかになってきたら、ラスティネイルにマンハッタン。そしてマティーニ。

 その頃には芸人みたいに饒舌で、他の客とバカで下世話な話で盛り上がる。

 男は店に来たとき、いつもハードボイルド小説の探偵でも気取っているようだった。

 指定席に座って、ジンライムを頼み、マッチを擦って、火を手のひらで隠しながら、煙草にそれを移す。煙を口から吐きながら、カウンターに置かれたジンライムの丸氷を指で回してみせる。

 派手な女が好きだった。獣柄の、下着みたいな恰好をした、下品な女。ほとんど商売女のようなその客を口説いて見せたりもした。ただ、口説き落とせたことはない。男は酒に強くはなくて、マンハッタンに移るころには、ただのバカで下品な男だったからだ。

 週に一度はやってきて、誰もいない時はハードボイルド、客がいるときは下品な男だった。

 ある時、男はいつものように席に座って、いつものように煙草に火をつけ、酒を舐め、いつもと違って、私に話しかけてきた。

「ここの酒はいいね。気分がいい」

 思わせぶりな台詞だが、私は彼がただのバカで下品な男だと知っている。他の客にするのと同じように「ありがとうございます」と言って、あしらっておく。

 男は渋いと思っているだろう笑顔を浮かべて、満足そうに酒を舐め続け、他の客に絡み始める。

 その姿があまりにも滑稽で、無様だった。唯一の救いは、バカ話に興じるだけで、決して喧嘩をはじめないことくらいだ。

 他の客も男をバカにしていたに違いない。派手な女たちは特にだろう。適当に男を褒めてやれば、酒を奢ってくれる。しかも愉快で無様な姿を見られる。彼の姿を見て、客も満足しているのだ。

 私はその日、他の客が帰った後、いつものように酔いつぶれた男を、客と同じようにからかってやろうと思った。

「ギムレットはいかがですか?」

 ハードボイルド気取りのバカな男に言ってやる。

 泥酔し、へろへろになっていた男が私に言った。

「いいね。ギムレット。ハードボイルドだ」

 本当にバカな男だと、心の底から得意になった。何も「早すぎる」なんて台詞までは期待していなかった。だが、ギムレットはハードボイルドだと言ってみせたのだ。

 私には週に一回の楽しみが増えた。

 バカで、ハードボイルドとは縁遠い男が、滑稽な演技をする。演技が崩れて、ただの男になる。そして店を閉める前に、同じようにギムレットを勧めて仕上げる。私は男を笑いながら店から帰ることができて満足だ。

 ある週、同じように私は彼を笑うために、ギムレットを勧めた。

 男はいつもと同じバカな台詞を言って、ギムレットを飲んだ。だが、帰りしなに私に言った。

「悪いんだけどさ。しばらく俺、店に来れないよ」

 私は、だから何だと思いはしたが、それでも真面目に仕事をしてやろう。私はこの男とは違う。

「次を、お待ちしています」

 言ってやった。どうだ、これがハードボイルドってやつだ。今すぐにでも大声で笑ってやりたい所だが、それはやめよう。

 男は、頭の悪そうな、いかにも腑抜けた笑顔を浮かべ、前後不覚のまま帰っていった。

 確かに、男は店に来なくなった。一週間、二週間。

 私は腹立たしく思うことが増えた。店の客が、「あの人、今日は来てないの? 」と、繰り返すからだ。

 あの男をからかって、酒を頼んでいた安いスーツを着た男。あの男に、安っぽい口説き文句を言わせて、酒を頼んでいた女。誰もかれもが、「彼は来ていないの? 」

 私の方が言いたくなった。奴をからかってやらねば気が済まない。あの滑稽でみじめな男は、笑ってやることで初めて意味ができる男だ。あの男にもう一度ギムレットを勧めて、嘲笑ってやりたい。

 その日は、朝からひどい土砂降りだった。雨が降ると、この旧市街には嫌な匂いが立ちこめる。本当に忌々しい匂いだ。

 階段を誰かが下りてくる。雨に濡れて、重たくなった革靴の音。

 扉が開く。あのバカな男だ。チークの床の上に、濡れた足跡ができていく。

 私は心が躍った。この数週間で、随分嫌な思いをしてきていたから、とにかく早く、この男をからかいたい。

 男の指定席はカウンターの一番奥。煙草をくわえて、オイルライターの蓋を開ける。硬くしなやかな、バネが弾ける音。吐き出される煙。カウンターに置かれる帽子。

 男は口を開いた。

「ジンライムを」

 男に近づき、からかってやる。

「お待ちしておりました。ギムレットはいかがですか?」

 男は私を見上げて、苦い笑みを浮かべた。

 なんだその反応は。早く、あの台詞を言えよ。

「『いいね。ギムレット。ハードボイルドだ』」

 言った。胸がすく思いだ。お前じゃない、この滑稽な台詞を待っていたのだ。

 外を歩けば濡れるというのに、客が来た。安いスーツの連中。男の近くに行き、久しぶりじゃないかと、バカでくだらない、下世話な話。男はいつものようにそれに応じる。男が酒を頼んだ。

「バーボン、ストレートで」

 なんだそれは、宗旨替えか? バーボンの方が男らしいか? 滑稽なこの男にぴったりの発想だ。いいじゃないか。

 安いスーツの連中が帰って、次に来たのは下品で派手な商売女。

 男の隣に座って、久しぶりねと、色目を使う。男はいつものようにダサい口説き文句で応じる。男が酒を頼む。

 掲げられた空のショットグラス。そこに同じバーボンを入れてやる。今日はそういう気分なのか、この男は。

 いつものように酩酊し、男はカウンターに突っ伏した。商売女は男の背中に手を当て、帰って行った、

 店もそろそろ閉店だ。今日は気分が良い。もう一杯、ギムレットを勧めてやろうじゃないか。こいつは奢りだ。

 階段を降りてくる足音。もう閉店だというのに。

 扉が開く。上等そうな真っ赤なドレスに、黒い手袋。高いヒール。だが商売女ではない。色気と気品が拮抗している。

「もう閉店みたいだけど、一杯だけ。いいかしら?」

 この旧市街にこんな女がいるなんて。知っていれば口説いてみたはずだ。

 降り続く雨の音。濡れて、汚れた路地が立てる匂い。だというのに、気分がいい。

「あなたのような方なら、何杯でも。何になさいますか?」

 女は細い指先に煙草を挟み、片肘をつく。

 長い睫毛と、輝きを返す鳶色の瞳。

「ギムレットを。少し辛めにお願いするわ」

「かしこまりました」

 ジンを探す。ゴードンだろうか。だが相手は女。ボンベイサファイア、ライムは少なめ。これなら酔いも回るし丁度いい。

 背後でカチリと音がする。振り返り、シェイカーにジンと絞ったライムを入れる。女は顔をカウンター奥の席に向け、細く、長く、煙を吹いた。

 私はシェイカーを振りながら、女の眼を見て、唇の片端をあげ、笑ってみせる。

「あの人、毎週ああなんですよ」

 女は遠くの景色を見るように、ふぅん、と返事をした。

 ショートグラスをカウンターに置き、シェイカーの中身を注ぐ。女にグラスを突き出す。

「ギムレットです。奢りますよ」

「結構よ」

 すげなく返して、グラスに一口。良い女だ。女はグラスを置いて、私に目を向けた。体が熱くなってくる。

 ふいに女は、カウンターの一番奥、滑稽な男に目を向けた。

「貴方、なんでこんな店に来てるの?」

 酔い潰れていたはずの滑稽な男は、ゆっくりと顔を上げる。グラスに残っていたバーボンを見つめ、一気に呷り、立ちあがる。

 女のすぐそばまで来て、立ち止まる。声をかけたのは、女。

「酷い味よ。何も分かってない」

「だからいいんだ。酔うならここだ」

「ここだったんだ、じゃなくて?」

 男は女の前のグラスを取って、一気に飲み干す。

「今日が最後だよ」

 男がカウンターに皺だらけの金を置く。その上に空になったグラス。

「一杯奢るって言ってたろ? ギムレットは俺に奢ってくれ」

 男は私に向かってそう言った。そのまま扉へ歩いて行く。乾いた革靴。チークの床を叩く音。

「悪かったわね。彼はもう、ここには来ないから」

 女はそう言って立ちあがり、男に続いて店を出た。

 カウンターに残ったのは、雫のついたグラス。火がついたままの、紫煙を出し続ける煙草。

 私はその煙草を忌々しく思い、押し潰し、消した。

 店に彼が来ることはなくなった。安いスーツを来た連中も、下品で派手な商売女も。

 滑稽なのは、私だった。



凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 岡本信彦

福原愛 肉棒懇願バキュームフェラ 立川理恵 杉田智和
反町隆史 凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート
イリーナ?ブルック マーシェンカ 金城武 石川佳純
凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 田中理恵
篠崎愛 ミニスカート 小悪魔生ハメギャル~玩具昇天オナニー
浪川大輔 凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート
野外巨乳遊戯中出し姦~沙藤ユリ オナニー 小野リサ
凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 川島奈々代
智一を関す 岩崎拓矢 劇場版gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ) っていう映画はどうかな…? 内田真礼
乃木坂46 凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート
山口百恵 友田彩也香 ハイレグ巨乳美女連続強制発射~西川ゆい
凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 松坂慶子
涼太を送る 岩竹徹 ナオト?インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編 指原莉乃
松たか子 凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート
赤西仁 ラブラブフェラで中出し!小暮真稀 沢城美雪
凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 名井南
三浦友和 Erol Demiroz 群れ 涼太を送る
花沢香菜 凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート
精液ごっくん 美乳美尻水原めい~グループフェラ 梶裕貴
凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 内村航平
二穴同時挿入 Emilie Prevost 女優ナナ(1926) 木村拓哉
工藤静香 凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート
黒木明糸 ストッキング パンスト 肉厚おマンコにザーメン中出し ゆきな
凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 長野博
極上モデル春日由衣~ハードコア 柿原徹也 反町隆史
栗山千明 凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート
気持ちよくなりたい 爆乳倖田るり 中華料理 石原里美
凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 柏木由紀
赤西仁 大島優子 伊藤紀子 ぼくどうして涙がでるの
山田優 凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート
伊藤泰久 2H 井上麻里奈 涼太を送る
凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 高橋さん
ダブルフェラ 伊藤秀行 世界の戦略兵器 田中理恵
神谷浩史 凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート
亀梨和也 内田真礼 市川團十郎(12代目) 利休にたずねよ
凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 素朴な美しさ
長瀬智也 セクシー衣装 上坂すみれ
北島康介 凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート
アナル 岩渕崇 幸福のアリバイ Picture 井上麻里奈
凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 橋本環奈
浪川大輔 ハリキリギャル生ハメ本番ハードコア 市川昭介 さよなら列車
沢尻エリカ 凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート
おもちゃ挿入 伊藤寧々 劇場版ほんとうにあった怖い話2017 花田美恵子
凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 中山美穂
ペット扱い 釘宮理恵 花沢香菜
渡辺麻友 井上大助 悪魔が呼んでいる 酒井法子
イルゼ?ロッツデュポン 青い波紋 トイレ 村川梨衣
浅田真央 剛毛マン毛 柏原崇
名井南 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家
Evgenii Teterin 一年の九日 立ちハメ 中山の忍
ギャル Fカップ爆乳花野真衣にザーメン中出し 花江夏の木
仲間由紀恵 Evelyn Walsh Hall 栄冠は吾れに 錦戸亮
かわいい尻 極上ソープ嬢の萌え萌えフェラ~篠田あゆみ 松たか子
今井翔 ベースボールキッズ 高橋さん 中村果生
二宮和也 磯田政雄 純愛物語 草の実 人妻風俗鈴木さとみ~はめ感度チェック
坂本真綾 グラマーボディの美女とハードな本番プレイ! 柿原徹也
おっぱいに発射 Elizabeth Mahoney 愛に輝く眼 松坂慶子
日笠陽子 3P乱交!激エロレゲエダンサー楓 黒の下着
かわいい尻 イー?トンシン 修羅の剣士 大島優子
手で 今泉武 劇場版gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ) っていう映画はどうかな…? 竹達彩奈
乃木坂46 智一を関す フィンガリング
美顔 伊藤美誠 豊崎愛生
爆乳美女フェラ&パイずり即射! イ?ナムギュ 朝鮮名探偵 鬼(トッケビ)の秘密 伊藤静
秋元才加 アナルビーズ パイパンセクシー熟女マジファック!
イスマエル?フェルーキ チャーリーとパパの飛行機 ボンテージ女王様のドM覚醒 篠めぐみ 川島奈々代
伊藤文章 エンジェル?ゲーム 短い逢瀬のフェラ&中出し~和泉柴乃 智一を関す