web counter

Call today for a free business marketing evaluation

(877) 215-0040

Web Design & Marketing Solutions with
Stunning Results

We're a Philadelphia Web Design Company, driven to bring
your business better results online. You get strategy, design,
development & marketing all in one place.

名井南 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家

名井南 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家

シュレディンガーの猫 - シュレディンガーの猫・その他短編(そうる) - カクヨム

 日曜の午後、少し遅めの昼食を作るために玉ねぎを切っていると突然、家の電話が鳴った。

「もしもし」

「あー、こちらはシュレディンガーの猫だけれども」

「はい?」

「シュレディンガーの猫。知らない? 量子力学の」

「物理の教科書に載ってたやつですか? あの、箱に入ってて」

 僕は高校の頃のおぼつかない記憶を辿りながら返事をした。正直、理系科目については高校のかなり早い時期に諦めていたのであまり真面目に勉強してはいなかった。

「そうそう。2分の1の確率で死んでしまうやつ」

「いや、それは知ってますけど」

「猫が生きているか死んでいるかは観測者が箱を開けて確認するまでは確定しない。すなわち量子力学的に言うと、箱を開けるまで猫は生きている状態と死んでいる状態の重ね合わせの状態なわけだ」

「はぁ」

「で、僕は今その箱の中から電話をしているんだけれども、どう思う?」

「どうって言われても悪質ないたずら電話かな、としか」

「適当に番号を押したんだ。猫の手でそんなに器用に番号を押せるわけがないからね。本当はもっとかわいい女子高生なんかが出てくれることを期待してたんだけど」

 そう言うとシュレディンガーの猫は少し間を置いた。おそらくジョークのつもりだったのだろう。

「でも、外に電話とかしたらまずいんじゃないですか? その、実験的に」

 少し気まずい気持ちになった僕は受話器のコードをいじりながら、ついどうでもいい質問をしてしまった。

「ははは、その心配は無用だよ。この箱はかなりしっかりした防音構造になってるからね、この中で僕が多少大きな声を出したところで観測者には聞こえないさ。さらにいうとここには大きなリクライニングチェアとJBLのオーディオセットがあってね、さっきまでそこに寝転んでモーツァルトを聞いていたよ」

「でも、電話をしているということはそこから電波かなにかが出てるわけですよね」

 そう言うと、シュレディンガーの猫は少し不機嫌な声になって

「そんなことは知らないよ。この携帯電話は観測者が箱に入る前に僕に持たせたものなんだから。おそらく、彼らがうまいことやってるんだろ。そんなことより、君は不確定な存在になった自分というものを想像してみたことはある?」

「わかりませんね」

 僕はキッチンの方に向き直り、切りかけの玉ねぎを眺めながらそう返事をした。

「僕もわからないよ。実際のところ、今、僕はその不確定な存在になってるわけなんだけどね。箱に入る前と後でまったく何かが変わった気がしないんだ。もうちょっとなにかあると期待していたんでね、少々がっかりしてる。ねぇ、君から見て何か変わったところとか感じない? ああ、見てといっても電話越しじゃ見えないんだけどね、ふふふ」

 見も知らぬ人間にこんな電話をかけてくる時点で十分変わってるよ。そう言いかけたが、その一方でシュレディンガーの猫のことを少しかわいそうに思う気持ちも出てきてしまい、僕はぐっと言葉を飲み込んだ。彼の言葉が本当ならば彼はもうすぐ死んでしまうかもしれないのだ。

「でも、やっぱりおかしいんじゃないですかね。少なくとも僕は今、あなたが生きて僕に電話をしているということを観測してる。つまり、あなたはまだ生きているということは観測者によって確定されているんじゃないですか?」

 僕の反応が意外だったのか、シュレディンガーの猫は急に口をつぐみ、しばらくしてからおもむろにこう切り出した。

「ふむ、君は一人暮らしかね? 今、そこに誰かいる?」

「妻と二人で住んでいます。妻は朝から買い物に出ていてもうすぐ帰ってくると思います。僕は今、妻と自分のための昼食を作っているところだったのだけど」

 僕がそう答えると、シュレディンガーの猫は静かな口調でこう言った。

「では、今、君の存在を確定させる観測者はそこには存在しないわけだ。おめでとう、君も僕と同じ不確定な存在の仲間入りだ。君は不確定な存在である僕の電話に応えてしまったことで自らの存在を不確定化させてしまったわけだ」

「妻はもうすぐ帰ってきますよ。ちょっと駅前のスーパーに行っただけなんだ。昼食は家で食べるって言っていたし、だから僕は妻の分の昼食を一緒に作ってるんだから」

「しかし、果たしてその君の奥さんというのは本当に確定した存在なんだろうかねぇ」

 シュレディンガーの猫はその口調に酷薄な笑みを忍ばせていた。

「馬鹿馬鹿しい。だったら今すぐ隣の家の山田さんのところのチャイムを鳴らして挨拶してきてもいいですよ。山田さんとは2年前に引っ越ししてきて以来、懇意にしているんだ。この前も帰省の際に買ったお土産をうちに届けてくれたし」

 僕はそう答えながら自分が無意味な反論をしていることを自覚していた。彼の詭弁に則って話を進めるならば彼と僕に関わった人間は全て不確定な存在になってしまう。そして不確定な存在になってしまった人間に関わった人間も不確定な存在に、それではすぐに世界の全てが不確定になってしまうじゃないか。そんなことは意味のない妄想だ。

「もう切りますよ。僕は妻が帰ってくる前に昼食を作ってしまわないといけないんだ。あなたと言葉遊びをしている暇なんてないんですよ」

「言葉遊びかどうかはすぐに分かることさ。今は、えっと、2時ちょうどか。そろそろだな。予定では観測者は2時になったらこの箱の蓋を開けて僕の生死を確定させることになっている。まぁ、多少遅れることは世の常だけどね。もしそこで僕の死が確定してしまったら、僕と話していた君もこの世の中から消失してしまうかもしれないね。でも、まぁそんなことは実はどうでもいいんだ」

 僕が苛立ちを顕にするとシュレディンガーの猫は大事な用件を思い出したのか急に真面目ぶって話し始めた。

「僕は一週間前からこの箱の中に入ってる。その間にいろいろと考えたんだ。不確定な存在である自分について、そして箱の外側に存在する世界について。たまにモーツァルトを聞きながらね。君はグールドのモーツァルトは好きかい? おっとすまない、話が脱線するのは僕の悪い癖なんだ。まぁそうやっていろいろと考えて、最後に行き着いたのは観測者についてのことだった。この実験の観測者というのは僕の飼主の夫でね。高名な物理学者らしいんだが詳しいことは分からない。なんせ所詮は猫だからね。僕がまだ生れたばかりで大学のキャンパスをふらふらと彷徨っていたところを夫に弁当を届けに来た飼主に拾われたんだ。彼女は夫とは一回りほど歳が離れているようだったが、見た目が若く見えることも相まって並んで歩いている様はまるで父親と娘のようだった。夫妻には良くしてもらったよ。夫は動物があまり得意ではないようだったけど虐待されるようなことはなかった。飼主は夫に会いに大学に行くときはいつも僕を連れて行ってくれて大学内の広い芝生の上で僕を遊ばせてくれた。そうして10年くらいが経ったとき、不意に飼主が家からいなくなったんだ。突然のことで何が起きたのかも分からなかった。しばらくして夫もあまり家に帰ってこなくなった。僕の食事は毎日来るハウスキーパーが用意してくれたけどね。僕自身、近所をいろいろと聞きまわって情報を集めてみたが残念ながら誰も何も知らなかった。というより、誰も飼主がいなくなっていることにすら気づいてないようだった。そうして3年が経とうかというとき、僕は観測者である夫にこの箱の中に入れられたというわけさ。初めは何が起こったのかわからなかったけどね。箱の中の様子を調べているとだいたいのことは検討がついた。夫妻に飼われていた頃から家にあった本をこっそりと盗み読みしていたからね。そうしていろいろと考えて気づいたんだが、もしかして観測者がしようとしてい」

 不意に電話が切れた。

 僕はしばらく受話器を耳元に当てたまま立ちつくしていたが、ふっと溜息をつくとキッチンに戻って玉ねぎを切り、その他の材料とあわせて焼き飯を作って2人分の皿に入れた。

 30分ほどしても妻が戻ってこないので、妻の皿にラップをかけ自分の分を食べ始めた。自分でも気づかなかったがよほど腹がへっていたようで作った焼き飯はすぐに平らげてしまった。食べ終わった食器を流し台に運んでしまうとダイニングテーブルに座って読みかけだったディケンズの二都物語を読み始めた。妻の帰りが遅いのがやや気にかかったが、おそらく帰り道の途中で知り合いにあって立ち話をしているのだろう。特に珍しいことでもない。

 しばらくすると玄関の方からカチャリと鍵を開ける音とただいまという声がした。妻が帰ってきたのだ。

 廊下を小気味良く歩く足音とスーパーの袋がシャラシャラと擦れる音がする。共働きのため妻はいつも一週間分の食料を週末にまとめ買いしている。始めの頃は一緒に行って荷物持ちをしていたのだが、買い物のときは一人でゆっくりと集中して品選びがしたいという妻の希望で、最近は妻が一人で買い物に行き、その間に僕が家の掃除と洗濯、昼食の用意をするのが習慣になっていた。

 おかえり。

 本に熱中していた僕は聴こえるかどうかわからないくらいの声でそう応えると手に持っていた文庫本をダイニングテーブルに置き、作り置いておいた焼き飯の皿を電子レンジで温めるため手に取った。作ったときには温かったはずの皿からはひんやりとした感触が伝わってきた。

「ごめんなさい。マンションの入り口で山田さんの奥さんとばったりあっちゃって」

 ダイニングテーブルの向こう側にある電子レンジに向かっていると、妻の声とともにダイニングルームのとびらが勢い良く開



 名井南 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer	女飛行家

浜崎あゆみ 貧乳Aカップ淫乱ギャル~グループフェラ Edra Gale 何かいいことないか子猫チャン
坂井の泉 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家
生ハメ共有美少女4Pヤラレ放題 月野美羽 磯部泰宏 闇金ぐれんたい 能登麻美子
はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家 深田恭子
イングイーン 椿姫 一人遊び 前田敦子
坂本真綾 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家
福原愛 イレーヌ?シルバーニ ルイ14世の死 パイずり
はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家 平野綾
凌辱願望女子大生~グループファック ミニスカート 岡本信彦
松本潤 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家
ネット予約でハードコアプレイ~藤井なな 学校制服 喜多村の雄
はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家 篠田麻里子
戸松遥 変態プレイがしたいんです~黒木琴音 岩本豐太 大仏さまと子供たち
杉田智和 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家
イアン?ムーア リトル?フォレスト 冬?春 美乳美少女ナンパフェラ 立花さや 伊藤美誠
はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家 内田真礼
現役女子大生フェラ&中出し~遥めぐみ 足なめ 白石麻衣
三浦友和 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家
大野智 羽生結弦 イアン?ブキャナン パニック?ルーム
はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家 反町隆史
小さい乳首 錦戸亮 高山みなみ
田中理恵 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家
トイレ 芦田愛菜 真野恵里菜
はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家 浪川大輔
坂井の泉 AVライターのお仕事2 水澤りの 市川かつじ 続社長三代記
川島奈々代 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家
Fカップ爆乳遥めぐみに連続中出し! 中山美穂 藤井リナ
はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家 乃木坂46
美少女3Pグループファック 森川ひかる フェラチオ 玉木宏
松坂慶子 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家
金城武 痴女フェラプレイで口内射精!小暮真稀 秋元才加
はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家 松たか子
爆乳セクシー熟女~シャワーオナニー昇天 石塚勝海 最終兵器彼女 深田恭子
名井南 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家
美顔 池田誉 女高生(秘)白書 肉体収容所 錦戸亮
はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家 花沢香菜
倉木麻衣 シャワー 小清水亜美
内村航平 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家
立ちハメ 今関純子 ハート?オブ?ザ?シー 釘宮理恵
はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家 工藤静香
イヴ?ロダレック レプスキー絶対絶命 その男凶暴につき 森川智之 坂本真綾
長野博 はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家
星野亜希 石塚克彦 走れ!ケッタマシン ウエディング狂騒曲 レズビアン
はめたのは高校一年生 優木まみ Emil Stammer 女飛行家 栗山千明
三浦友和 アナル挿入 はめたい小マンコ!Gカップ遥めぐみ
おもちゃ挿入 生ハメ前に剃毛プレイ! 爆乳間宮純 沢城美雪
イーゴリ?ストラビンスキー ボリショイ?バレエ in シネマ Season 2016-2017 「コンテンポラリー?イブニング」 肉棒懇願バキュームフェラ 立川理恵 指原莉乃
山口百恵 北島康介 フェラ、潮吹き&中出し 一ノ瀬アメリ
内村航平 乳首いじり 内田真礼
エロポーズ バスルームグループフェラ 永沢まおみ 小野リサ
篠崎愛 井上卓也 へっぽこエスパーなごみ! 村川梨衣
撮影後に生ハメガチ交渉~有賀ゆあ~ パイずり 石川佳純
李香蘭 イルマ?クリステンソン 日曜日のピュ 杉田智和
滝沢秀明 アナル挿入 女の園グループフェラ~ことみ&アンリ
藤井リナ 美形お嬢様愛音ゆうと中出しファック 佐々木希
ローションプレイ 糸数志津子 MABUI 李香蘭
篠田麻里子 飯田寛 青春ばかちん料理塾 山田優
クンニ 内村航平 川澄綾子
淫乱女教師の家庭訪問フェラ 安城アンナ 雨宮の日 浅田真央
小倉唯 石井勲 スティルライフオブメモリーズ 北島康介
市川桂 インストール セクシー熟女武井麻希~昇天アナルオナニー 松本潤
おっぱいに発射 伊藤善亮 昭和八十四年 1億3千万分の1の覚え書き 中華料理
上戸彩 犾舘峻平 ふとめの国のありす エロポーズ
イ?ウチョル 殺戮にいたる山岳 セクシーストッキング 友田彩也香
中島美雪 イレーナ?ブルスカ 偶然 平野綾
芦田愛菜 スカートの中を覗き見 高飛車系生ハメ美女~強制アクメ~