web counter

Call today for a free business marketing evaluation

(877) 215-0040

Web Design & Marketing Solutions with
Stunning Results

We're a Philadelphia Web Design Company, driven to bring
your business better results online. You get strategy, design,
development & marketing all in one place.

頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 反町隆史

頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 反町隆史

第1話 - 百合小説『スイソウノムコウガワ』(影井公彦) - カクヨム

 お決まりの言葉を並べる同級生たちを眺めながら、相沢利香はその姿に疑問を覚えた。

 同じ格好で、同じ仕草をしている彼女達は、まるでデジタルデータのように、コピーアンドペーストを繰り返している様な気がする。

 勿論、少しは違うのだけれど、根本にある物が同じに思えてくる。

『目立たないように、そして、埋没するようにしていないと』

 そんな声を自分の体の中に織り込みながら、日々を過ごしているように思えてくる。勿論、彼女達はそんなことはないと反論するだろう。だけど、どうしてもそんな風に思えてしまう。

 でも、そんな生き方を否定する気力は無かった。

 他人の服装や過ごし方に文句を言うのは、嫌だった。そこには、何も美しさが無いし、創造性が欠けているからだ。

 だから、関係のない人間が過ごしているというだけにして、周囲の無駄な動きをシャットアウトした。

 それよりも自分は、秋の文化祭に展示する絵をどうにかしないといけない。

 夏休みの半ばから制作を始めないと間に合うかどうかが不鮮明になる。だけど、今日は夏休み最後の出校日だ。黒板の右側にある日めくりのカレンダーを見ると、八月二十五日という表示が教室を通り抜ける風に微かに揺れている。

 制作に集中する為に宿題を早めに終わらせたというのに、これでは意味がない。だけど、イメージが固まらないのだ。

 睡蓮を描きたいと思って、夏休みの間に学校の近くにある太田公園に足を運んで、父親から借りたデジカメで何百枚も睡蓮の写真を撮った。構図や、睡蓮の位置を考えたのに、何かが足りなくて、未だにキャンバスは真っ白なままだ。スケッチブックに描かれた睡蓮の位置は、夏休みの日数よりも多いぐらいだが、未だに決定的なモノが出来ていなかった。

 利香はスケッチブックを広げ、今まで描いたラフ画をチェックし始めた。

 ここで、普通ならばお調子者の男子が寄って来るか、噂好きの女子が近寄ってきて『何をしてるの』と言ってくるのが一般的だが、この二年B組の教室内では、それがなかった。

 利香が『近寄るな』というオーラを放っていることもあったが、一年前に利香が今回と同じようにスケッチブックを広げていた際に、男子が勝手にスケッチブックを取り上げたことを罵ったのを、全員が知っているのだ。

 利香は、この教室で浮いていた。

 けれど、それをなんとも思っていなかった。

 ただ自分だけを見つめて、前に進んでいるだけだった。

 でも、そんな生き方を、教師たちは快く思わなかった。

 友達を作れ、皆と行動しろ、個人で行動するな。反論をすれば「それが普通だろう」と言って、彼らは頭ごなしにしか言葉をこちらに投げてこない。

 普通とはなんだろうか。

 正しさとはなんだろうか。

 教科書に書いてあるのは、ただの知識でしかない。その中で作られる普通って何だろうか。

 スケッチブックから目を離して、天井を見つめる。

 石膏ボードで作られた不規則な模様を視線でなぞりながら、終わりのない思考を止めに入る。

 疑問は疑問を呼んで、自分の中に溶けずに残った塩素の様な塊になってしまうことを、利香は知っていた。

 それは、ゴロゴロとした感触を心に残しながら、心を苛立たせる。

 思春期。

 授業で習ったその言葉の中にいた時は、その感触が嫌で、常にイライラとしていた気がする。しかし、それはいつの間にかどこかに消えて、今では穏やかな中に自分がいる。

 自分の怒りは、どこに行ったのだろうか。

 消えて、塩素のように自分の中に溶けていったのかもしれない。心をざわつかせる奇妙なあの感情。

 でも、あの怒りの中に何かを見ていた気がする。それがなんだったのかは、もう、覚えていないけれど。

 少しだけ、何かを手放してしまったという感覚が襲ってくる。

 もう二度と取りに戻れない『それ』は、大事な物の筈だ。

 けれど、もう二度と手には入らないのだろう。

 利香は少しの喪失感を、手を握ることで解消させる。握りつぶした、と言った方がいいかもしれない。考えが奥に行けばいくほど、暗い森の中を彷徨っている感じだけになる。

 スケッチブックへと視線を戻して白紙のページに、大きく睡蓮を描いてみる。

 今まで複数の睡蓮という構成に縛られていたかもしれない。

 描きたい物を大きく描き、インパクトを与える。それは確かに考えていなかった。

 鉛筆の先からスケッチブックに、柔らかな黒が落とされる。輪郭をはっきりと描くのではなく、ぼんやりとイメージした物をなぞる作業だ。手元に参考になる写真も無いし、構図が決まったわけでもないので、メモのように描くだけで十分だった。

 睡蓮の形を軽く描き終えたところで、大きな咳ばらいが聞こえた。

 利香以外の全員が立っており、視線がこちらに集まっている。教壇には、担任の芳川が立っていた。

「おーい、相沢。き・り・つ」

 わざと茶化すようにそう言うと、クラス中がくすくすと笑った。

 それは明らかな嘲笑だった。

 それに対して、利香は何も思わなかった。

 むしろ、それが嘲笑の行動だとも思っていなかった。

 興味がない。

 どこまでも、果てしなく。

「すいません」

 スケッチブックに鉛筆を挟んで閉じ、立ち上がる。目の前の男子が、何か言いたそうにこちらをチラリと見た。

 視線を合わせるのを避けるように、芳川の方へ視線を向けると、芳川はまだ少し笑っていた。

 何がおかしいのか、わからない。

 鼻から息を吐くと、鼻で笑うような音が漏れた。

「礼」

 日直の女子がそう言う。教室内が「おはようございます」という声で満たされる。けれど、それを言っているのは、運動部で徹底的に挨拶を仕込まれている生徒だけだった。文科系の部活に所属している連中は、その大きな挨拶に隠れるように蚊の鳴くような声を出していた。それ以外の人間は、頭を下げるだけにとどめていた。口だけは挨拶をしているという、無駄なことも添えて。

 利香は、その時も自分のトーンで声を出した。

 誰に引っ張られるでもない、自分の声で挨拶をした。

「はい、おはよう」

 芳川の返事の直後に『着席』と言われると、ドヤドヤとなりながら席へと着いた。

「えー、取敢えず夏休みも終わりに近付いてるわけだが、特に何も無かったようでなによりだ」

 何も無かった。

 そういえば、自分の夏休みは何かあっただろうか。

 芳川に向けている視線を少しずらして、黒板を見る。今まで視界の中心に居た邪魔者は、視界の隅で踊るピエロになった。

 誰かが話している内容がつまらない場合、利香はよくこうやっていた。視線は前にあるままで、思考は自分の中の宇宙を飛んでいる。小学生の頃、上手いやり方を知らなくて、窓の外をぼんやりと見ていたら、その当時の担任に怒られた。

 悪い癖だとは思っているが、自分の中で優先されるべきものが出来ると、無意識の内にやってしまう。

 今は、展覧会の絵が自分の優先すべきことだった。

 芳川の後ろにある黒板に、空想のチョークで睡蓮を描く。いくつもの線が同時に出てくるため、瞬時に描かれたそのラフスケッチを何個も頭の中で量産して、パズルのように組み替えていく。

 先程の案である、大きな睡蓮を一つ置いてみることもしてみたが、なかなかしっくりこない。何が悪いのだろうか。

 もしかしたら、角度かもしれない。

 黒板の睡蓮を動かそうとしたその時、後ろの席にいる後藤真夏に背中を指で押された。

「相沢さん、宿題、前に回して」

 小声でそう言ったので、今の状況が把握できた。

 今日提出の宿題を、今集めているのだった。

 また自分はどこかに飛んでいたようだ。後ろから回される宿題を受け取り、自分のカバンから宿題を出すとそのまま前へと回した。

 周囲を見ると、今回はあまり目立たなかったようだ。宿題を忘れた人間が教壇の前で軽い説教を受けている。

 そこに、皆意識が集中していたからだ。

 時計を見ると、まだ九時にもなっていない。今日帰れるのは確か十一時ぐらいだったはずだ。

 あと二時間もこんな風にしていなければいけないと思うと少し参ってしまう。出来るだけ美術室にこもって作業がしたいのに。

 続いていた説教が終わると、芳川が体育館へ移動するよう促す。

 学年集会と言う名の、ありがたい程長い時間のお説教が始まる。

 利香はもう一度時計を見た。

 勿論、時計は一分も進んでいない。

 大きなため息をついた後、椅子から立ち上がり、教室の外へと出ていく。夏休みのことを楽しそうに話しながらだらだらと集団で歩くクラスメイト達を置いていくように、利香は体育館へと歩いていった。



頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 反町隆史

ペット扱い 釘宮理恵 花沢香菜
長野博 頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ
櫻井翔 阿鼻叫喚!豪華8Pグループファック 堀江由衣
頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 栗山千明
鈴村健一 4p 松たか子
柏木由紀 頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ
爆乳美熟女誘惑~痴女フェラ&中出し 石川ひとみ MEMORIES(1995) 櫻井翔
頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 山田優
Edda Seippel O侯爵夫人 3p 内村航平
高橋さん 頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ
池田踊り 乃木坂46 磯見俊裕 音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 神谷浩史
ローションプレイ 松坂慶子 中森明菜
素朴な美しさ 頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ
南條愛乃 Fカップ爆乳朝桐光に二穴同時ファック 水樹奈々
頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 北島康介
工藤静香 犬飼若博 讐 ADA 戦慄篇 高橋みなみ
橋本環奈 頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ
伊藤薫 LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て セクシー熟女美咲カレン~連続中出し 斎藤鳥
頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 沢尻エリカ
井上高志 柘榴坂の仇討 アナル 小野大輔
中山美穂 頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ
内田有紀 稲垣明 サクラ大戦 活動写真 長い爪
頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 田村由香里
大胆不敵の怪盗松すみれのフェラ抜き コスプレ 長野博
福原愛 頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ
長瀬智也 爆乳美熟女野外中出し姦 新山かえで 上林誠知
頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 伊藤美誠
細谷佳正 大野智 リアル輪姦
真野恵里菜 頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ
小野大輔 美少女あすかみみの潮吹きプレイ 小倉
頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 金城武
水瀬祈願 爆乳ギャルお掃除フェラ 椎名みくる 栗山千明
釘宮理恵 頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ
木村ガーリー トイレ イ?スビン さまよう刃
頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 芦田愛菜
巨乳美少女橘ひなた~グループフェラ 石田潔 大怪獣ガメラ 宮沢理恵
中華料理 頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ
イレーネ?サフォー?モモ ボルジア 出産直後のハードコア あいださくら 小清水亜美
頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 川澄綾子
柏木由紀 セクシーランジェリー パープルレディ 平成エンジェル小泉梨菜
滝沢秀明 頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ
ヤルドル相崎琴音に連続生中出し! 水瀬祈願 鼻血姫
頭でファック 真性生ハメ&アナル変態ギャル希咲エマ 小野リサ
騎乗位で感じまくり!爆乳素人娘 指原莉乃 深田恭子
金城武 池上真之 摂氏100℃の微熱 中森明菜
制服 岩里祐穂 コードギアス 亡国のアキト 最終章「愛シキモノタチヘ」 玉木宏
イリ?スピット ムルデカ MERDEKA 17805 トイレ 藤井リナ
坂井の泉 ピンクのパンティー 市川啓 トニー滝谷メイキング「晴れた家」
ショートカット爆乳ギャルに中出し パイズリ 真野恵里菜
稲荷卓央 漫画誕生 セクシー教師 高山みなみ
大野智 ママ 今泉廉 ゴジラ(1954)
お掃除フェラも忘れません!松永ちえみ 伊藤静子 あにいもうと(1976) 白石麻衣
生ハメギャルバスルーム昇天オナニー イ?スンフン 新?桑の葉 伊藤美誠
戸松遥 佐々木希 Jカップ猛乳愛あいりの爆乳三昧
伊藤静 小野こゆき~変態玩具責めで3連続顔射! 喜多村の雄
チンチンもっと頂戴!はめたい美夕 剛毛マン毛 岡本信彦
福原愛 出張エステティシャンご奉仕フェラ 川澄綾子
マン毛剃り 石塚千都子 陰のいらだち 前田敦子
ちっぱい 池田一臣 真夜中の河 能登麻美子
浜崎あゆみ のぞき魔ご奉仕アナル姦~羽月ミリア 鈴村健一
イケイケセクシー熟女 安西瑠菜 3p 田村由香里
生ハメGカップ爆乳美熟女~桜井ひとみ 伊藤喜彦 まひるのほし 森川智之
張本智と キュートなEカップ美乳!白石なお 安室奈美恵
巨尻を晒し豪快Wフェラ~宮崎愛莉~ 和泉剛 ひゃくはち 高倉健
イアイン?スミス マッドマックス 怒りのデス?ロード ブラック&クロームエディション 潮吹き 中山美穂